防犯対策を考える|快適な生活を守る鍵を失くしてしまっても大丈夫

快適な生活を守る鍵を失くしてしまっても大丈夫

錠前と人形

防犯対策を考える

砂利

ご自分で実施できる方法

皆さんは、ご自宅の防犯対策は十分に整えてありますでしょうか。日本では、非常に多くのお宅で空き巣の被害にあっています。防犯対策には、防犯カメラの設置・番犬を飼う・警備会社に防犯を依頼するなど、多くのものが存在します。色々とある防犯対策でも、非常に効果がありご自身で簡単に実践できるものがあります。それは「防犯砂利」をご自宅の外周に敷き詰めるという方法で、少々の労力は使いますが、ご自身で対策できる方法となっています。防犯砂利とは、通常の砂利とは異なり、砂利の上を歩くと大きな音が出て、空き巣などの侵入を防いでくれるというものです。見た目は一般的な砂利と変わらないのですが、音の大きさが非常に大きいので防犯にとても効果的なのです。見た目の違いがあまりありませんので、間違って通常の砂利を購入しないように気を付けなければなりません。

施工のやり方

防犯砂利をご自身で敷設される場合は、ただ適当に防犯砂利を敷き詰めるだけでなく、ある程度の下準備が必要となります。防犯砂利敷設の下準備としては、元々の地盤が土であれば、地盤表面を平らに馴らしてから防草シートを敷いて、その上に防犯砂利を敷くようにするとよいでしょう。防草シートは必ずしも必要ではないのですが、土の上に直接防犯砂利を敷いてしまうと、雑草がすぐに生えてきてしまって草取りが非常に大変なので、防草シートを敷いてからの方がよいのです。防犯砂利は、ホームセンターなどでも売られていますが、ほとんどのお店で小分けにした袋入りの販売となっているため、自宅の周りを敷き詰める分を購入して運ぶのは非常に大変です。防犯砂利を大量に購入したい場合は、建材屋や砂利屋・外構業者などに頼んで、ダンプカーでの購入をした方がよいでしょう。その方法の方が、運ぶ手間も掛からずに安価で購入することができます。