空き巣の防止で大事なこと|快適な生活を守る鍵を失くしてしまっても大丈夫

快適な生活を守る鍵を失くしてしまっても大丈夫

錠前と人形

空き巣の防止で大事なこと

扉

劣化しやすいドアノブ

空き巣などの被害で意外と多いのが、ドアの鍵のかけ忘れです。ちょっと買い物にいく程度だからと油断して鍵をかけないで外出すると、短い時間の間に空き巣に入られてしまいます。またドアノブが調子が悪い場合も、プロの泥棒なら簡単に鍵を壊して侵入します。そのような犯罪を防止するためにも、ドアノブ修理は大切です。ドアノブというのは1日に何回も使います。そのため劣化が激しいのです。壊れてしまってからでは遅いので、定期的に点検して具合が悪い時には壊れる前にドアノブ修理をするようにします。もし外出前に壊れてしまったら、外出できなくなります。修理業者に連絡してもすぐに来てくれるとは限らないのです。ちょっとでも不具合を感じたら、ドアノブ修理を依頼するのが最も安全です。

壊れる前に修理すること

ドアというのは家への出入口です。それを可能にするのがドアノブです。必ず劣化するという意識を持っておくことが大事です。例えばレバー式のドアノブなどは押し下げたまま戻らなくなるといった故障が起こります。一度でもそのような不具合が起こったら故障の前触れなので、すぐにドアノブ修理をする必要があります。注意が必要なのは玄関ドアだけでなく、室内のドアも同じです。トイレのドアノブが故障すると、外へ出られなくなって閉じ込められる危険があります。特に小さい子どもや高齢者のいる家庭では要注意です。ドアノブ修理はどの業者に依頼してよいかわからない場合があります。その時にはインターネットで検索すれば、最寄りの業者を見つけることができます。一応業者のホームページを見て、実績があるかどうかを確かめます。